ワキガの手術とは?

ワキガの手術をお考えの方はいませんか?

自分がワキガであったり、家族や子供がワキガであれば手術を考える方も少なからずいらっしゃると思います。

しかしワキガの手術はなかなかテレビにで放映されることもなく分からないことだらけで不安に思う方も多いでしょう。

今回はワキガの手術についてや、その詳しい方法をご紹介したいと思います。

切るだけが手術じゃない?最小限に痛みを抑えた施術法

メスをいれてワキガを治すというのはイメージにあるかと思いますが、実際にワキを切開して何を行うかは分からないと思います。

実際に行うのは、ワキガの原因である「アポクリン汗腺」を取り除くことです。

従来は4cmほどメスを入れ、ドクターの目でひとつひとつ除去していました。

しかし、メスを入れるのは嫌だという方のためにレーザー治療や注射、シェービングなどが発案され、そちらがメジャーになりつつあります。

レーザー治療は最新の技術で、傷口はわずか1mmしか残らず手術と同じ効果を得ることが出来ますし、注射はほんの数分しか時間をかけずに臭いを抑えることも可能です。

また、シェービングはアメリカ製のアポクリン汗腺を徹底的に除去する機械を使用し、傷口もたったの1cmしか残らず、見た目も気になりません。

手術よりも重要なカウンセリング

手術とその後はたしかに大切かもしれませんが、一番重要なのはカウンセリング。ここを怠ると自分が思っていたような結果も返ってきませんし、アフターケアも十分に行えない可能性も高くなります。

お医者さんはこちらの要望を聞き入れ、どのような施術がいいのか、結果的にどうなるのか、施術のメリットやデメリットなどを詳しく説明してくれるので、お互いに信頼関係を築きながらカウンセリングを行えると、満足いく結果が返ってくるでしょう。

ワキガ手術は保険適応?

クリニックによっては保険が適用されるところもあるようです。ドクターが「この臭いは保険適用だ」と認識すれば保険は適用されます。

逆にこの程度なら適用はしないというケースもあるようです。詳しくはお医者さんに尋ねてみるといいでしょう。

おすすめのワキガ消臭クリーム


【NOANDE】

ワキガ臭いを99.9%消臭除菌してくれるクリームです。汗の臭いも消臭してくれ、汗にも強く、長時間消臭効果があります。

このページの先頭へ